today

* rimoco * rimoco *



2003/09/30 Tue 秋のメニュー

きのこごはん
秋鮭のムニエル
焼きなす
お味噌汁

本に、きのこ(しいたけ・シメジ)を
網で焼いて少し焦げ目をつけてから、炊くと
きのこの風味が逃げなくておいしいと、載っていたので
試してみる。炊き上がったときから
新米はぴかぴかでうっすら鰹と昆布のだしの色
きのこの香りがふわ〜っと湯気と立ち上り
うまいうまいこれが松茸だったらどうなることかと
言いながら食べました
食欲の秋
ためしてみたい松茸で
買うか・・・松茸!

2003/09/29 Mon 物

手のひらに乗る大きさのすり鉢
かわいいすり鉢を探し続けて
いつも外側が茶色のしかなくて
これは、やわらかい白の釉薬がかかっていて
大好きな感じです
何か物を買うとき、必要に駆られていても
好みのものに出会うまで、買わない
気に入って買ったものだと、いつまでも
大切にするし、使うたびにいいなと思えるからです

2003/09/28 Sun 記録

すごく歩いたつもりだったのに
一万歩達成ならず・・・
距離にして5.7q
まだまだか
そしてまた途中でピピピ!ピピピ!なりました
お店の中で・・
一人じゃなかったから恥ずかしくなかったけど

2003/09/26 Friday どんぐり

いつもは車か自転車で通り過ぎてしまうところ
道路の脇に植えられている木
昨日とぼとぼ歩いていると
何か、もりもり実っています
人の家の庭でも、公園に行っても
何か実がなってると、反応してしまう
立ち止まってみてみると、どんぐりが頭をぐりぐり寄せ合って
多いところには5〜6個狭そうに実っている
小さいころよく拾ったどんぐり
どんぐりは食べられないと聞いても
なぜか食べてしまったどんぐり
苦かったな
名前がかわいいどんぐり
姿もかわいいどんぐり



2003/09/25 Thursday 季節

窓を開け外の空気を吸った途端
季節を感じることがあります
春・夏・秋・冬それぞれの匂い
それぞれ運ばれてくる空気とか
風が通ってくる場所によって匂いが違うのだろうか
でも、ひとつだけ知ってしまいました
長年春の匂いだと思っていた正体を
それはある時、とうみょうを買ってきて、包丁で切ったとき
プンプンと強烈に春のにおいがしたのでした
えんどう豆の苗の匂いです
どこかの畑で植えられているえんどう豆の匂いが
毎年春になると風に乗って必ずやってきて
それを嗅ぐとあ〜春だ〜と感じていたのに
もう、来年からは、あ〜豆だ〜って感じるでしょう
もしかしたら、他の季節も「こんなもの」かっていうものの
匂いかもしれないな

2003/09/24 Wednesday 花

自分の好きな花のアレンジが沢山置いてる
花屋さんがあると、とてもうれしくなります
どれも全部好きな組み合わせでアレンジされていると
見てるだけでもとても楽しめる
きっと好きな花の系統が似ている人が
アレンジしているのだと思うと
ここに来たら、いつでも好きな花があると
うれしくなるのです
自分の好きなものが
いつも必ずあるという場所が
時間と共になくなったりせず
ずっとそのままあることは
ささやかだけど
とてもうれしいことです

2003/09/22 Monday マンゴリキュール

アルコール類は好きか嫌いかと言われたら
好き。でも、おいしいものを食べながらとか
大勢でワイワイしながらっていうのが好きで
ご機嫌な雰囲気が好きなのかもしれません
酔うと、外見に変化は現れませんが
眠気が襲ってくるのと
普段は口数が少ないほうなのに
よくしゃべるようになるらしい
指摘されてから、ある日意識してしゃべらないように
してみましたが、気付いたら
ご機嫌でしゃべっていて
指摘した人が、話に頷きながらニヤニヤしていて
はっ!べらべらしゃべってしまった!
と、思ったけど、もうそんなことどうでもよくなって
事実を認めたのでありました

2003/09/21 Sunday 2号

急に肌寒くなったので
またお鍋
第2号は、鶏だんご鍋です
おいしい梅酒を飲みながら
生姜とゴマをたっぷり入れた鶏だんごを
大根おろしとポン酢で食べれば
いくらでも食べられます
最後はうどんを入れて
梅酒もちょっと効いてるけれど
おいしいものを食べているときは
ご機嫌幸せ

2003/09/19 Friday 住むところ

今住んでいるところにずっと住むか?と
考えたらここではない気がする
老人になってここに暮らしている自分は
ちょっと違う気がする
今住んでいるところが気に入ってないわけではなく
どうも、通過点のような感じがするのです
どうやって住むところを決めるだろう
通勤距離とか家族とか自分の暮らしを大きく
占めるものによって決まるかな
でも、それがなかったら
自由に住みたいところに住めばよかったら
どこに住むだろう

2003/09/18 Thursday 魚観察

最初はどれも同じように見えていましたが
よくよーく見ていると
つついていじわるする魚
えさをたくさん食べるまるまる太った魚
ずっと同じ決まったところにいる魚
性格いろいろ
そう考えると、普段食べているサンマとか
全部同じに見えるけど
いろいろ性格があるのかも・・
性格違っても味は同じか

2003/09/17 Wednesday 1号

やっとクーラーを入れなくても寝れる
涼しさになってきました
なので早速、鍋第1号キムチ鍋
しかし、すごく暑かった
キムチの力か
まだ早かったか・・・

2003/09/16 Tuesday お祭り

岸和田のだんじり祭り
先週の初め頃から、太鼓や鐘の練習の音がしていました
独特のリズムで、それを聞くと祭りだ!祭りだ!という 楽しい感じです
最終日、夕方自転車でぐるぐる町を回ってみると
ちょうど夜用のちょうちんをだんじりにつける準備中で
はっぴに地下足袋の人たちがあっちこっち道端で休憩しています
朝から晩まで町中をぐるぐるだんじりを引き回して
走る人たちは、足を引きずって歩いてる人もいたりして
練習から本番まで、それはそれはすごい距離を走り回るらしい
疲れていそうだけど顔は楽しそう
準備が終わるとまた、太鼓と鐘が鳴り始め夜の街を進み始めました

2003/09/15 Monday 習慣

会社に行っていたころと違って
今は、曜日に左右されることはありません
だけど、長年しみこんだ習慣はなかなか取れず
今でも、金曜日は、休みの前のわくわくする感じを思い出したり
日曜日の夜はあ〜また一週間始まるなという感じを思い出したりする
そのわりには、何曜日かわからなくなったり
普段、曜日の感覚はめちゃめちゃです
起きる時間も会社を辞めたばかりのころは
いつも起きていたAM5:50に目覚めていましたが
この習慣はすぐに取れて、今は太陽の光が部屋に入ってきて
目が覚めます
いつも前の夜に「起きよう!」と思った時間には目覚ましがなくても
目が覚めていましたが、こうしてカレンダーも時計も気にしない生活を
送っていると、体内時計は研ぎ澄まされていくんだろうか
それとも、気にしないから廃れていくんだろうか・・・

2003/09/12 Friday 観察

日が暮れかけの空は
明るかったり暗かったり
青かったり赤かったり
いろんな色が混ざっています
青っぽいグレーの雲とかその向こうの空色とか
とても好きな色です

2003/09/11 Thursday 音

キッチンにいたとき
ピピピ!ピピピ!ピピピ!ピピピ!と
聞きなれない目覚ましのような音がどこからかする
どこからだ?
私の動きはピタリと止まり
ぐるぐるいろいろ考える
冷蔵庫の開きっぱなしの音でもない
何かのタイマーの音でもない
音のなるものは数多くあるけれど
聞いたことのない音
そしてすごく近いところでなっている
何だ?あたりをじっとうかがって
耳を澄まして音のなるほうへ・・
はっ!
自分の体の腰の辺りからだ!
そう、3日前からうれしがってつけていた万歩計からです
「東海道五十三次を歩こう!」という万歩計
音が鳴るなんて知らなかった
電車の中だったらかなり恥ずかしいぞ
日ごろどれぐらい運動不足か測定しているところです
昨日の私の歩いた歩数はたったの2897歩
めざせ!一日一万歩!

2003/09/10 Wednesday 観察


2003/09/09 Tuesday きりん

アフリカに行ってみたいとずっと思っていました
広い広い草原の自然の中にいるキリンとか象とか
動物園でしか見たことのない動物が
どういうふうなのか見てみたいと思っていたのです
自然の自由の中でいるのが一番美しいと感じたのは
オーストラリアでイルカを見てからです
イルカを見に行く小さなボートで沖のほうまで行く途中
ビュンビュン飛ばして進むボートの周りをいつの間にか
イルカが追いかけてきます
ボートの先端に腹ばいになって覗き込むと
すごいスピードで楽しそうに泳いでいます
手を伸ばすと届きそう
乗り物にやや弱い私も酔いもせず
なぜか不思議で幸せなひと時でした
帰ってきてから、たまたまイルカと一緒に泳いだり出来る
ところにいるイルカを見ました
ぐるぐる回れる狭い水槽で、海で見たのとは違う
太ったイルカ。水槽はフンで濁っていて
仕方ないとは分かっていてもなんだか悲しい気分
ほんとのイルカはこんなんじゃないのにな・・・
そういうわけで、自然の中のキリンや象を見てみたいのです
きっと、ほんとは違うはず
何でもまだまだ本物を見てないものが沢山ある

2003/09/08 Monday ふと考える

もし外を何気なくぶらぶら歩いていて
私の作ったバックを持っている人と出会ったら・・・
「どこかで見たことあるバックだ」(じろじろ見る)
「!」(自分の作ったバックと確認)
それから
それからどうするだろう
前を歩いていたなら、しばらく後をくっついていくか(怪しい)
電車の中だったら、チロチロ降りるまで見ているか(逃げられそう)
ひとりニヤニヤを隠しきれないだろう
だけど、出会える確立は宝くじが当たるよりもそうとう低そう
人だらけのとこは、行かないし
公園を散歩中とかに出会ったら最高だ
ますます確立は低くなるけど
そのときは自転車で追いかけよう

2003/09/07 Sunday 水

まえから、おいしくない水だとは思っていたけれど
浄水器を付けた途端、はっきり分かりました
浄水器を通ってきた水もそうでない水も見た目は分かりません
どっちを入れたか分からないようにして飲み比べ
まずにおい
こっちかな?という疑いが片一方に
そして飲んでみる
「!」
もう一方を飲んでみる
「・・・」
そしてもう一度疑いのあるほうを飲んでみる
「おえ〜〜まずい」
浄水器で水がおいしくなったというよりも
今までの水がいかにおいしくなかったかというのが
よく分かりました
よりおいしいものを知ってしまうというのは
食べ物でも何でも、今まで一番おいしいと思っていたものが
そうではなくなってしまうということ
ある人にとっては一番おいしいものでも
もっとおいしいものを知ってる人にとっては
2番目においしいものだったりして
自分の周りの人とは、1番おいしいものは一緒のほうがいい
だからおいしいものは、すぐに教えてあげたくなるのかな?

2003/09/05 Friday 公園

真夏の公園と真冬の公園は人が全然いません
溶けそうに暑く凍りそうに寒いからです
でも、それを覚悟の上で行くとなかなかいいものです
人の声のしない広い広い公園は
風に揺れる木の葉の音と鳥の声しか聞こえません
でも長時間はいられません
やっぱり・・・
暑い


2003/09/03 Wednesday 紙のもの

カード・年賀状・その他紙のものを作るのが大好きです
白い紙から、いろいろ考えながら
作っていく途中がとても楽しい
何でも作っているときはそうですが
大体作るもののイメージがわいて
それに向かってぐんぐん熱中して作業しているときが
至福のとき
気が付いたら、日が暮れて
ご飯も食べていないときが多々あります


2003/09/02 Tuesday 異国

勝手に異国をかんじるもの
まっすぐに並んでいる木
左が冬で右が最近
パリの公園を思わせる
デパートの化粧品売り場の匂い
免税店を思わせる
ドライフラワー売り場の匂い
なぜかオーストラリアを思わせる
もし、忘れたくない気持ちがあったとき
何か匂いをかいどけばいいんじゃないかと思った
例えば、好きな人と付き合い始めのころ
何もかもが楽しくて、逢える日が待ち遠しくて
いつもニコニコしていて、その人のことばかり考えて
胸が痛くなるような気持ちは
いつの間にか薄れていくそのとき限定の特別な気持ち
何年か経ってたまたまその匂いをかいだとき
懐かしくて楽しいんじゃないか
老人になってその匂いをかいだら
もっと懐かしくて2人で初めてデートしたときのことなど
お茶を飲みながら、何回も何回も話したりして・・・
楽しそうじゃないか



2003/09/01 Monday 海の上

関西空港の新しい滑走路になるところです
海の上にまだ作っている途中で、でこぼこです
「関空祭り」で特別に入ることが出来る日でした
作りかけのでこぼこのところで、オフロードバイクの
レースがあってそれを見に行きましたが、応援していた選手は
鋭い石にやられてパンクしてしまい
2週目でリタイアでした。残念
それにしても
海からよくこんなに広い陸が出来るもんだなと
何回土を運んだんだとか
どうやってまっ平らにするのかとか
気の遠くなるような作業です

next→